燻製方法一覧

燻製のレシピで重要な燻製方法をご紹介いたします。

生ハム燻製と一口に言っても様々な燻製方法があることをご存じでしょうか。
この記事ではそんな燻製方法ついてご紹介していきたいと思います。

燻製の種類

まず、燻製の調理方法というのが3種類あり、

・熱燻法
・温燻法
・冷燻法

という3種類の方法があります。
ではどういった調理方法なのか見ていきましょう。

熱燻法

80度以上の高温でいぶし、長くても1時間程度の短時間で燻製する方法です。
トップページでご紹介させていただいた方法もこの熱燻法になります。
手軽にでき、燻製の中では水分の含有量も多いですが、その分食材の保存には向きません。
キャンプやバーベキューでも使用されることもあります。

温燻法

最も一般的な燻製方法です。
30度~80度の温度で数時間~1日ほどいぶします。
熱燻法に比べて水分が抜けるので、多少の保存であればきくようになりますが、ジューシーさは失われます。
代表的な燻製レシピとしては、ベーコンやソーセージがあります。

冷燻法

15度~30度の煙でいぶす燻製方法です。レシピによっては1週間から1か月の期間燻製にします。
熱燻法・温燻法に比べてかなりの水分が抜けてしまうので、かなり乾燥した仕上がりになります。しかし、その分長期間の保存が可能となっています。
15度~30度で煙って出るの?と思われるかもしれませんが、一度熱して出した煙を冷ます工程が必要となってきますので、一般家庭で行うのはかなりハードルが高いです。
また、煙の温度だけでなく、設備内の温度や気温も重要になってきますので、日本では秋~冬場にかけてぐらいでしかできません。
代表的な燻製レシピは生ハムやスモークサーモンがあります。

いかがでしたでしょうか。
一番簡単な燻製方法は熱燻法になりますので、最初はここからチャレンジしてみましょう。
もし燻製にはまったら是非温燻法や冷燻法にもチャレンジしてみてくださいね。